解決事例
Examples of solutions

解決事例報告Solution case report

  • 労働審判・訴訟を通じて、安心した復職を果たし、 未払賃金のほぼ全額を回収できました。
    2013-11-26
    事前に賃金や労働条件について書面による合意あったのに・・・

    相談事例

    パート勤務のご相談者様からのご相談です。
    事前に賃金や労働条件について書面による合意がありました。しかし、会社側は、今まで経験をしたことのない部署への配転命令をきっかけに、一方的な賃金の切り下げを行いました。その上、会社側はその賃金に同意する契約書面へサインするように求めてきました。そして、これを拒否したところ、会社側はご相談者様に対して解雇を言い渡しました。
    また、以前からご相談者様は上司から暴言などのパワーハラスメントにも悩んでいました。
    ご相談者様は、自らの正当な権利を主張するために当弁護士に相談され、本件事件を委任しました。

    解決結果

    相談後、詳細な聞き取りと調査を行った上で、①本件解雇は無効であること、②一方的な給与の切り下げは無効で、切り下げられた分の賃金の請求、③不当解雇によって本来なら得られたはずの未払賃金全額の請求、④パワーハラスメントに基づく損害賠償請求、⑤ご相談者様が不快、恐怖を感じるような言動をしないことを内容とする労働審判を申し立てました。
    労働審判の期日にも十分な準備をもって臨んだことから、相手方の主張の矛盾を次々と指摘しながら労働審判を展開することができました。
    結局、労働審判では決着はつきませんでしたが、通常訴訟に移行後まもなく、会社側から和解の提案があり、①給料が切り下げられる前の従前の条件で復職を認める、②会社側がご相談者様の復職の経緯について他の従業員に説明し、復職しやすい環境を作るように配慮する、③会社側が切り下げられた分と賃金と不当解雇によって本来得られたはずの賃金の両方についてほぼ全額を支払う、④会社側はパワーハラスメントと誤解を与えるような発言や行為はしないと約束することなどの内容で和解が成立しました。

    弁護士のコメント

    詳細な聞き取りと調査の結果、終始優位に労働審判と訴訟を展開することができ、復職と未払賃金のほとんど全額が認められました。また、②会社側がご相談者様の復職の経緯について他の従業員に説明し、復職しやすい環境を作るように配慮すること、③会社側はパワーハラスメントと誤解を与えるような発言や行為はしないと約束するとの和解条項を盛り込んだことで、ご相談者様が将来安心して働ける環境づくりができたのではないかと思っています。後日、ご相談者様より、「楽しく働けています。」との言葉をいただけたときは本当に嬉しかったです。

カテゴリー

最近の事例

よく読まれている事例

page top