刑事事件

あなたのお話をじっくり聞かせてください。初回相談1時間無料。

ご相談までの流れ

刑事事件

あなたの権利を守り、早期身柄解放を目指します。

  • 子供や配偶者が逮捕されてしまったが、どうしたらよいか。
  • 身に覚えのないのに逮捕されてしまった。
  • 保釈をお願いしたい。
  • 何とか執行猶予付の判決がほしい。
  • 被害者の方との示談をどうすればいいか。
  • 逮捕されてしまったが、今後どうなってしまうのか。
  • 取り調べで不当な扱いを受けている。

逮捕され身柄を勾留される、刑事裁判にかけられてしまう、これらは人生の一大事です。
逮捕され、取り調べを受けてしまうと一般の方では面会をすることもままなりません。
身柄拘束が長引くことは、会社を解雇されてしまうなど、デメリットが非常に大きいです。
早期に身柄解放を目指すならば、弁護士に依頼し、警察官や捜査機関との折衝、
被疑者被告人に有利な証拠の提出、被害者の方への示談交渉をする必要があります。
また、やむなく起訴されてしまった場合にも裁判のための徹底した弁護活動が必要になりますし、
保釈によって身柄解放しなければ、仮に実刑判決を免れても職を失ってしまうなどの
結果になりかねません。
桜花法律事務所では、迅速な刑事弁護によって貴方の権利を守り、早期の身柄解放を目指します。

弁護士費用の目安(税込)

法律相談料

初回1時間まで無料。
それ以降は30分5000円(税別)。

一般刑事事件:起訴される前の段階
着手金
接見のみのご依頼     1回につき5万円(税別)
被疑事実に争わない場合  20万円(税別)
被疑事実を争う場合    40万円(税別。接見を多数行うため)
成功報酬
10日間の勾留で釈放又は罰金とされた場合  20万円(税別)
20日間の勾留で釈放又は罰金とされた場合  10万円(税別)
一般刑事事件:起訴された後の段階
着手金
接見のみのご依頼           1回につき5万円(税別)
被疑者段階から継続する事案
・起訴された事実に争わない場合    追加で10万円(税別)
・起訴された事実を争う場合      追加で40万円(税別)
被告人段階からの受任
・起訴された事実を争わない場合    20万円(税別)
・起訴された事実を争う場合      60万円(税別)
保釈請求を行う場合          1回5万円(税別)
成功報酬
無罪判決               100万円(税別)
執行猶予付き判決           20万円(税別)
一部無罪や減刑(検察の求刑の8割)  30万円(税別)